ビザ申請・永住許可

ビザ申請・永住許可

在留期間更新許可申請

在留外国人で、永住者の資格のない場合は、1年や3年などの有期の在留期間が定められています。
在留期限の3ヶ月前から更新申請ができます。
日本人の配偶者等、定住者などの居住資格から技能、技術・人文知識・国際業務、経営・管理などの就労資格、また留学や家族滞在などの資格まで幅広く対応します。

在留資格変更申請

日本人配偶者として在留されていた方が、離婚や死別により配偶者としての資格を失った場合に定住者に変更する場合や、留学から就労資格の技術・人文知識・国際業務に変更するなどさまざまなケースがあります。

在留資格取得申請

日本で在留外国人の子供が生まれた場合、30日以内に在留資格取得申請が必要です。

在留資格認定証明書交付申請

日本人が外国人と結婚して、日本に呼ぶときにこの在留資格認定証明書を取得する必要があります。
交際期間が短かったり、言葉が通じにくかったりすると、何回も申請してやっととれるという場合もあります。
ほかに、在留外国人が配偶者や子供を呼び寄せる場合にも必要です。

永住許可申請

日本での居住期間が一定の長さ以上で、生計が安定し、素行が善良な場合は、在留期限のない永住許可を取得できる可能性があります。

報酬

  • 在留期間更新許可申請:30,000円~50,000円(+消費税)
  • 在留資格変更申請:50,000円(+消費税)
  • 在留資格認定証明書交付申請:80,000円(+消費税)
  • 永住許可申請:100,000円(+消費税)

※報酬の支払いは分割払いも承りますので、お気軽にご相談ください。