帰化許可申請

帰化許可申請

帰化の種類 普通帰化 簡易帰化 大帰化

通常は普通帰化で下記7つの要件を満たす必要がありますが、日本人の子や日本人の配偶者、日本人の養子、元日本人、無国籍者で一定の条件を満たす場合は簡易許可といういくつかの要件が緩和される帰化手続きがあります。
大帰化は、法的には定めがありますが今まで許可された例はありません。

普通帰化の要件

  1. 住居要件

    引き続き5年以上日本に住所を有すること。

  2. 能力要件

    20歳以上で本国法によって能力を有すること。

  3. 素行要件

    素行が善良であること。

  4. 生計要件

    自己または生計を一にする配偶者その他の親族の資産または技能によって生計を営むことができること。

  5. 喪失事項

    国籍を有せず、または日本の国籍の取得によって元の国籍を失うべきこと。

  6. 思想関係

    日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法またはその下に成立した政府を暴力で破壊することを企て、もしくは主張し、またはこれを企て、もしくは主張する政党その他の団体を結成し、もしくはこれに加入したことがないこと。

  7. 日本語の読み書きができること。

必要書類

  • 自分で作成を要する書類

    帰化許可申請書、家族の概要、履歴書など10~11種類

  • 国籍・身分を証明する書類

    国籍証明書、出生証明書、戸籍謄本、出生届、婚姻証明書などですが、国籍、家族関係により提出すべきものが指示されます。

  • 資産・収入を証明する書類

    給与所得者の場合は、源泉徴収票、住民税課税証明書、住民税納税証明書などが必要です。
    事業主の場合は、確定申告書の写しや法人登記簿謄本などが必要です。

帰化許可申請のポイントは、多くの書類を一定の有効期間内に集めることが必要です。
私たち行政書士は、作成を要する書類の作成や、委任状で取得できる書類の取得や本人が申請して取得する書類の申請書の作成・郵送申請などでサポートします。
帰化申請のご相談は大津地方法務局近くの当事務所へご相談ください。

報酬

  • 1名のみの場合:150,000円(+消費税)
  • 同一家族2名の場合:250,000円(+消費税)
  • 同一家族3名以上の場合:別途相談して決定

※報酬の支払いは分割払いも承りますので、お気軽にご相談ください。